イシュアーとアクワイアラーについて解説!クレジットカード決済の導入で必ず出てくる重要用語

クレジットカード決済導入の際には、キャッシュレス関連の専門用語をよく見かけます。

聞きなれない専門用語のため「よくわからないな…」と思われるかもしれませんが、一度わかってしまえば、難しいことはありません。

今回は「イシュアー」と「アクワイアラー」の用語を説明していきます。
クレジットカード導入の際に必ず出てくる「イシュアー」と「アクワイアラー」

「イシュアー」と「アクワイアラー」の意味が理解できると、クレジット決済導入の具体的なイメージにつながります。
用語を正しく理解し、キャッシュレス導入をスムーズに進めていきましょう。

クレジットカードの導入、何を行えばいいのか

クレジットカード決済の導入にあたり、VISAやMasterCardなどのブランド利用から検討されると思います。

VISAやMasterCardなどは、決済システムが世界中で利用できるビジネスモデルを提供する国際ブランド。

クレジットカード決済導入において中心となるブランドです。

(他の国際ブランドでは、JCB、American Express、Diners Club International、銀聯、Discoverなど)

ですが、VisaやMasterCardは自社でクレジットカードの取扱業務を行っておりません。

そこで必要になるのが「イシュアー」や「アクワイアラー」です。

イシュアーとアクワイアラー

「イシュアー」と「アクワイアラー」はクレジットカード会社、もしくは、そのクレジットカード会社の業務内容を指しています。

イシュアー(issuer)とは

イシュアー(issuer)で「発行者・発行人」などの意味があります。
業界内では「クレジットカード発行会社」の意味として、とらえられています。

イシュアーは利用者と契約し、クレジットカードを発行・提供する企業。

クレジットカードを利用したい消費者は、イシュアーとの契約を結ぶことで、その国際ブランドが利用できるクレジットカードが発行されます。

日本での代表的なイシュアーとは

日本のイシュアーは、

  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • UCカード株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • トヨタファイナンス株式会社
  • SMBCファイナンスサービス株式会社
  • American Express International
  • 株式会社ジェーシービー
  • 株式会社オリエントコーポレーション
  • イオンクレジットサ-ビス株式会社
  • 楽天カード株式会社

などがあげられます。

アクワイアラー(acquirer)とは

アクワイアラー(acquirer)は、「得る者・獲得する者、取得者、入手者」などの意味があります。
業界内では「加盟店管理会社」の意味として、とらえられています。

アクワイアラーは国際ブランドからライセンスを取得し、

  • 加盟店の新規開拓
  • 加盟店の審査・管理
  • イシュアーへの購入代金請求

を行っています。

クレジットカード決済を導入する際には、アクワイアラーと契約を結ぶことが必要になります。

日本での代表的なアクワイアラーとは

日本のアクワイアラーは、

  • 三井住友カード株式会社
  • 三菱UFJニコス株式会社
  • 株式会社クレディセゾン
  • UCカード株式会社
  • 株式会社ジャックス
  • トヨタファイナンス株式会社
  • 株式会社ジェーシービー
  • イオンクレジットサ-ビス株式会社
  • 株式会社オリエントコーポレーション

などがあげられます。

クレジットカード支払いの流れ

加盟店から見た利用金額支払いの流れは下記になります。

利用者はカードを利用し、加盟店は商品やサービスを提供します。

その購入代金を利用者はイシュアーへ支払い、イシュアーはアクワイアラーへ支払います。

そして、最終的にはアクワイアラーから加盟店へ購入代金が支払われます。

複数のアクワイアラー契約をひとまとめにできる決済代行の利用メリット

アクワイアラーごとに扱える国際ブランドは異なります。

そのため、幅広くブランドを取り扱うのであれば、それぞれのアクワイアラーと契約を結ぶ必要があります。

そうした手間をひとまとめにできる「決済代行サービス」利用も、クレジットカード決済導入では選択肢に入ります。

  • 契約を一本化。複数のブランドを選べる。
  • 精算業務も一本化。経理業務の負担軽減。

こうした点は決済代行サービスの利用メリットです。

Payossでのクレジット導入なら、一本化で負担軽減

クレジットカード決済を導入する際に、決済代行業者を利用する加盟店も増えてきました。

POSレジメーカー寺岡精工のキャッシュレス決済サービス「Payoss」も決済代行サービス。

レジメーカーの強みを活かし、セルフレジとキャッシュレス端末連動を実現。

Payossは継続率99.5% 契約台数30,000台以上と、多くのお客様に選ばれております。

Payossの詳細はぜひブランドカタログをご覧ください。

Payossカタログガイド

これからキャッシュレス導入を検討される方向けの、失敗しないための5つのチェックポイントをまとめたガイドも制作しております。

キャッシュレス決済導入ガイド

こちらもぜひ参考にご覧ください。

参考情報

経済産業省 キャッシュレス関連用語集

https://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/cashless/image_pdf_movie/cashless_glossary_R1_06.pdf

関連記事

キャッシュレスコラム
スマホコード決済の決済手数料有料化!MPM方式からCPM方式へ移行メリットと注意点を解説!
キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入で失敗しない選び方! 導入企業・店舗がチェックしている5つのポイント
キャッシュレスコラム
イシュアーとアクワイアラーについて解説!クレジットカード決済の導入で必ず出てくる重要用語
キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット5選
キャッシュレスコラム
【業界別】キャッシュレス決済端末とPOSレジのセット導入、イメージとメリットまとめ
キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入で対応を求められる「改正割賦販売法」とは