売上アップ・売上向上に不可欠! キャッシュレス導入時の注意点とは?

現金を使わずに支払いをするキャッシュレス決済。小売店も利用者もメリットを享受できることから、近年日本でも普及が進み、決済比率は右肩上がりとなっています。

この記事では、導入を検討されている事業者の方に向けて、キャッシュレス決済を取り入れることの利点と、導入時に気をつけたいポイントを解説します。

導入は売上アップ・売上向上につながる? なぜ消費者はキャッシュレス決済を選ぶのか?

消費者はキャッシュレス決済を利用することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

1. 現金を管理する手間が減る

キャッシュレス決済を利用することで、現金を使用する機会が減り、現金準備の時間や手間を減らすことができます。また、ATMを利用する機会も減り、手数料の節約が期待できます。

2. ポイント還元やキャンペーンの利用

クレジットカードやスマホコード決済の中には、利用金額に応じてポイント還元を受けられるサービスが設定されています。また、割引や還元率アップといった独自のキャンペーンを決済サービスごとに実施しています。

3. 会計が衛生的でスムーズ

現金の受け渡しなどがなくなることからレジでの決済がスムーズになるほか、レジ待ちの時間も短くなります。衛生的な会計も実現します。

日本におけるキャッシュレス決済額は2022年に111兆円となり、初めて100兆円の大台を突破しました。

国内の総支出額に占めるキャッシュレス決済の比率は36%(2022年)。クレジットカードが牽引する形で進展していますが、デビット、電子マネー、スマホコード決済の決済額も増え続けています。

キャッシュレス決済の導入は売上アップ・売上向上に不可欠?

キャッシュレス決済の恩恵にあずかれるのは消費者だけではありません。小売業者が得られるメリットとして「売上アップ」が挙げられます。キャッシュレス決済は様々な角度から小売業者の売上アップに貢献します。

キャッシュレス決済ユーザーの取り込み

ある調査では、一定数のキャッシュレスユーザーが、現金だけしか使えない店の利用を見送った経験があると回答しています。

キャッシュレス決済に対応することは、こうした販売機会の損失を防ぎ、キャッシュレス決済ユーザーを新たな客層として取り込むことにつながります。

決済ブランドの各キャンペーンで売上アップ・売上向上

キャッシュレス決済の導入は利用者の来店促進や客単価を高めることにも貢献します。その代表的な方法がキャンペーンの活用です。

決済ブランド各社は、ポイント還元キャンペーンを定期的に実施しています。キャンペーン費用はブランド側が負担することが多く、店舗側にメリットが大きい仕組みです。

優良顧客限定のセール情報など、お得なキャンペーン情報を通じて顧客の消費マインドを高めることで、利用者の来店促進や客単価のアップが期待できます。

導入すべきは多くの顧客が利用する決済サービス

キャッシュレス決済には多様なブランドが存在し、選び方がわからないという声もあるでしょう。

比較的利用頻度の高いキャッシュレス決済手段として、クレジット決済が81.9%と多くの方に選ばれていますが、スマホコード決済が51.8%、電子マネーが50.5%、交通系電子マネーが34.8%と、幅広い決済手段にニーズがあります。

そのため、利用できる決済手段を絞って導入するよりも、幅広い決済手段に対応し、数多くの決済ブランドを利用可能とすることが重要です。より多くの人が使えるキャッシュレス決済環境を整えることが、売上アップ・売上向上につながります。

レジの処理スピード向上

現金の受け渡しをなくすキャッシュレス決済は、レジ業務のスピードアップを実現します。レジ待ちは販売機会のロスに直結するので、これは非常に重要なポイントです。

メリットを最大化するにはPOSレジ連動が必須!

会計業務のスピード化には決済端末とPOSレジの連動が不可欠です。

完全連動タイプの場合、会計処理にかかる時間は約4秒。半連動タイプや非連動タイプはその3倍以上の時間がかかります。キャッシュレス決済のメリットを最大化するには、POSとのレジ連動が欠かせません。

また、打ち間違えなど違算を招く「2度打ち」(※)をしなくて済むことも、連動のメリットとして挙げられます。

※レジと決済端末の両方に金額を打ち込むこと

訪日外国人対応

インバウンド(外国人の訪日旅行)対応も売上向上が期待できます。2022年11月に新型コロナウイルスに関する水際対策が緩和され、訪日外国人の消費も回復軌道に入っています。

韓国、中国などは“キャッシュレス先進国”。それらの国々からの観光客を対象にキャッシュレス環境を整備することは、売上を伸ばす可能性を大いに秘めています。

多言語対応のレジ・券売機で、訪日外国人に対応!

外国人観光客の対応は、語学が堪能な従業員に任せるのが理想ですが、そうした人材の確保は容易ではありません。そんな課題を解決するのが、多言語対応のレジ・券売機です。

日、英、中、韓などの多言語でメニューを表示したり、音声機能で会計案内をしてくれたりします。これなら外国の方も迷いません。

買い物のしやすさによる客単価の向上が期待できるだけでなく、スムーズな会計でレジ待ちの発生を抑え、販売機会の損失も防げるでしょう。

決済端末とPOSレジ連動のキャッシュレス導入で売上向上

POSレジメーカー寺岡精工のキャッシュレス決済サービス「Payoss」はレジメーカーの強みを活かし、セルフレジとキャッシュレス端末連動を実現。

Payossは継続率99.5% 契約台数56,000台以上と、多くのお客様に選ばれております。

Payossの詳細はぜひブランドカタログをご覧ください。

Payossカタログガイド

これからキャッシュレス導入を検討される方向けの、失敗しないための5つのチェックポイントをまとめたガイドも制作しております。

キャッシュレス決済導入ガイド

こちらもぜひ参考にご覧ください。

資料ダウンロード

Payossの詳しい資料は、PDFファイルにてすぐにダウンロードいただけます。

以下の項目に必要事項をご記入後、「資料をダウンロードする」ボタンをクリックしてください。
の項目は必ずご記入ください。

個人情報の取り扱いについて

寺岡精工グループは、以下の指針(以下、本指針といいます)に基づき、個人情報を取り扱います。

1. 法令の遵守
寺岡精工グループは、事業活動にともなって取得、管理、利用する個人情報について、個人情報の保護に関する法令および本指針を遵守し、適切に取り扱います。
なお、寺岡精工グループ内で取り扱われる個人情報については、次の者が管理を行います。
東京都大田区久が原五丁目13番12号
株式会社寺岡精工
代表取締役社長 山本宏輔
ただし、寺岡精工グループ各社においてのみ取り扱われる個人情報については、寺岡精工グループ各社にて管理を行います。

2. 利用目的
寺岡精工グループは、関係法令に従い次に掲げる目的のために個人情報を取り扱います。
①寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等に関するお問い合わせへの対応
②寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等、または催し物のご案内
③寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等に関する商談および打合せ

3. 共同利用
寺岡精工グループは、前項に掲げる目的の達成に必要な範囲(例えば、お客様からのお問合せに対する回答を寺岡精工グループ内の他の会社より直接回答させていただくのが適切と判断した場合、寺岡精工グループの製品または商品のアフターサービス等の提供に必要な場合など)において、会社名、役職、氏名または連絡先等の個人情報を寺岡精工グループ間および業務委託先に提供、開示する場合があります。この場合、寺岡精工グループは、関係法令に従い個人情報保護のための適切な契約を締結するとともに、必要かつ適切な監督を行います。なお、個人情報が提供、開示されることなる寺岡精工グループ各社については、本サイトの「TERAOKAグループ」ページに記載しております。

4. 海外への移転
寺岡精工グループは、取得した個人情報を、寺岡精工グループの会社がある国を基本とし、ご本人がお住いの国と同等の水準の個人情報の保護に関する法令を有しない外国にある第三者に移転することがあります。この場合、寺岡精工グループは、適用される関係法令に従い、ご本人の個人情報保護のために必要かつ適切な措置を講じます。

5. 第三者への開示
寺岡精工グループは、法令による開示要求があった場合その他個人情報の保護に関する法律が定める例外に該当する場合を除き、ご本人の事前の承諾を得ずに、寺岡精工グループおよび業務委託先以外の第三者に個人情報を開示、提供することはありません。

6. 正確性の確保
寺岡精工グループは、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。また、個人情報を利用する必要がなくなったときは、寺岡グループの規則に基づき適切に廃棄します。

7. 安全管理
寺岡精工グループは、個人情報に対する不正アクセスや漏洩を防止するため、関係法令を遵守するとともに、内部規程の整備、不正アクセス等から個人情報を保護するシステム・設備の導入等、必要かつ適切な安全対策を講じます。また、必要に応じて本指針の見直しを行います。なお、寺岡精工グループは、個人情報取り扱いの目的に必要な期間に限り、個人情報を保有します。

8. 教育
寺岡精工グループは、個人情報の取り扱いおよび保護に関する教育を定期的に実施します。

9. ご本人の権利
寺岡精工グループが保有する個人情報について、ご本人は、寺岡精工グループに対し、開示、訂正、追加、削除、利用停止、第三者提供の停止もしくは第三者提供記録の開示の請求、または取り扱いへの苦情もしくは寺岡精工グループによる取り扱いへの同意の撤回の申し入れをすることができ、これらの請求、申し入れに対して寺岡精工グループは法令の規定に基づき適切に対応いたします。寺岡精工グループは、寺岡精工グループへの上記の請求、申し入れについて、「お問い合わせフォーム」または第10項の「お客様窓口」にて承ります。なお、上記の請求、申し入れに当たっては、ご本人であることを確認できる書面が必要となります。

10. お問合せ
本指針および寺岡精工グループの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、「お問い合わせ」フォームまたは次の窓口までお願いいたします。

  株式会社寺岡精工 ペイメントポータル事業部
  〒146-8580 東京都大田区久が原5-13-12
  03-3752-0418(土日祝祭日を除く9:30~17:00)

関連記事

キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入で失敗しない選び方! 導入企業・店舗がチェックしている5つのポイント
キャッシュレスコラム
売上アップ・売上向上に不可欠! キャッシュレス導入時の注意点とは?
キャッシュレスコラム
キャッシュレス導入に必要な費用やコストを徹底解説!
キャッシュレスコラム
スマホコード決済の決済手数料有料化!MPM方式からCPM方式へ移行メリットと注意点を解説!
キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入で対応を求められる「改正割賦販売法」とは
キャッシュレスコラム
キャッシュレス決済導入のメリット・デメリット5選