スーパー・小売業界の
キャッシュレス決済導入なら

ペイオス

POS連動のPayossはスピーディー、衛生的、違算防止
継続率99.5% 契約台数40,000台以上

Payoss導入の加盟店が増えています!

継続率

導入台数

決済ブランド数

スーパーでのキャッシュレス導入、こんなお困りごとありませんか?


セルフレジ入替のキャッシュレス対応

セルフレジ入替にキャッシュレスもまとめて導入したい・・・。

人手不足解消、違算防止、衛生的な決済など、セルフレジ導入・入替への要望が高まっています。そのような中、セルフレジにキャッシュレス決済端末連動のセットで導入できる事業者は多くはありません。

キャッシュレス決済端末を別で手配する場合、導入時の各決済ブランドとの直接契約、さらに精算も各ブランドのサイクルで行うため、担当者の負担が増加します。

セルフレジ導入・入替でキャッシュレス決済もあわせて導入可能かどうか。この点は、スーパー・小売業界でのキャッシュレス決済導入にあたって、重要なチェックポイントです。


増えるブランド対応と精算業務の手間

決済ブランドは多く対応したい。でも、精算業務の手間は増やしたくない・・・。

日々進化するキャッシュレス決済業界。お買い物客のキャッシュレス決済の選択肢も増えています。

多様化する決済方法に対応したいと思いつつ、ブランドとの契約や、導入後の精算業務が増えることを想定すると、なかなか簡単に増やせないといった現実的な問題もあります。

手間なく、決済ブランドを増やすことができるかどうかも、スーパー・小売業界でのキャッシュレス決済導入にあたって、重要なチェックポイントです。


トラブル時の問題切り分け

レジの問題?端末の問題?トラブル時にどこに連絡すればいいの・・・。

キャッシュレス決済でのトラブル対応、問題がレジ側にあるのか、決済端末側にあるのか、すぐには判断がつかないものです。

キャッシュレス決済を導入したものの、それぞれに連絡しなければならず、現場の負担も大きくなってしまったは勿体ありません。

導入後に安心して連絡ができるサポート体制が整っているか、この点も、スーパー・小売業界でのキャッシュレス決済導入にあたって、重要なチェックポイントです。


既存システムとの連携

導入したいけど、既存システムに問題なく導入できるか心配・・・。

キャッシュレス決済の導入にあたり、顧客管理、販売管理、会計システムなどの、既存システムとのスムーズな連携が可能かどうかは気になる点です。

キャッシュレス決済は導入したけど、既存システムとは別の運用になってしまっては、現場の負担も増え、ミスの原因にもなりかねません。

スーパー・小売業界でのキャッシュレス決済導入にあたっては、既存システムとの連携が可能かどうかも、重要なチェックポイントです。


キャッシュレス導入のメリットはわかっているものの、導入にあたっては、解決しなければならない点も多く、どこに相談していいか、迷ってしまいますよね・・・。

スーパーへのキャッシュレス導入、Payossが解決します!

決済サービス「Payoss」は、POSレジメーカー寺岡精工のキャッシュレスソリューション。

寺岡精工は、国内で最初に販売した「セミセルフレジ」では画期的なチェックアウトシステムを提案。今では日本全国で使用されることとなった「セミセルフレジ」のパイオニアでもあります。



スーパー業界にPayossを導入したい3つのポイント

Payossは寺岡精工のPOSレジ製品・サービスと連携し、スーパーのキャッシュレス導入でのお困りごとに、独自の決済ソリューションを提供しています。

①セルフレジにも対応するキャッシュレス決済

セルフレジにも導入可能!

Payossはセルフレジにキャッシュレスをセット導入可能。それぞれのセルフレジの特長をさらに引き出します。

セミセルフレジ連動では、レジ待ち解消、売上機会損失の解消が見込めます。フルセルフレジ連動では、店舗の適切な人員配置につながり、人手不足解消が期待できます。精算機連動では、キャッシュレス専用にすることで、省スペース化や現金圧縮などにも貢献します。

②レジ待ち解消のスピーディーな決済処理

決済完了速度が約4秒!

Payossは、POSレジメーカーの強みを活かし、決済端末はPOSレジとの完全連動を実現。決済端末はPOSレジ側から操作できるため、無駄な動きがなく、決済完了速度が約4秒といったスピーディーな会計処理を実現します。

③POSレジメーカーの決済代行で業務負担軽減

契約業務も精算業務も一本化!

Payossなら、各ブランドへの契約業務や精算業務も、決済代行として一本化し、業務負担の軽減につながります。また万が一のトラブル時も、POSレジとセット導入のPayossなら、レジも決済端末も窓口が一本。急なトラブルにも安心です。

寺岡精工は、スーパー・小売業界にて数多くの導入実績があります。既存システム連携はもちろんのこと、多くのソリューションをもつ寺岡精工ならではのワンストップなシステム提案も可能です。POSレジ連動のキャッシュレス決済を軸に、お店の利益最大化に貢献します。



スーパーでキャッシュレス Payoss導入事例

株式会社吉池 様

スピードセルフとPayossの相乗効果で、最も来店客数が多い年末でも、導入前と比べ行列が改善されたといいます。データを取ると客数は減少しておらず、売上も増加していました。

導入までの申し込みフロ

①まずはお問い合わせください。
ご希望の決済ブランド(複数選べます)やご希望の決済端末、導入時期など、
ご利用状況やご要望をお伺いいたします。

お問い合わせはこちら
②加盟店審査を行います。
お申し込み後、ご希望の決済ブランドとの契約をPayossが代行いたします。
クレジットカード会社との契約が既にある企業様には、ご要望をヒアリングいたします。
③端末を納品します。
ご希望の決済端末をお届けいたします。
端末設置マニュアルもご用意しておりますので、ご自身で設置される際も安心です。
当社が設置を代行する設置サポートサービスもございます。
④ご利用開始です。
申し込みから2か月程度でご利用いただけます。
キャッシュレス決済サービス「Payoss」なら、お客様のニーズから店舗様の要望まで、幅広く対応できます。

よくあるご質問

キャッシュレス決済を導入するメリットは何ですか?

「売上向上」「衛生的決済」「違算防止」「新規顧客獲得」「顧客単価底上げ」等が、キャッシュレス決済導入のメリットです。
「キャッシュレス決済比率を2025年6月に40%、将来的に80%」と政府が発表している中、ますます、キャッシュレス決済に注目が集まっています。

各ブランドとはそれぞれ申し込む必要がありますか?

必要ありません。
当社が窓口になり、お申し込みを一本化します(包括加盟店契約となります)

どのようなブランドが利用できますか?

Payossでは幅広い決済ブランドをご利用いただけます。
以下のリンクより決済ブランドをご確認ください。

Payoss(ペイオス)の決済料率・料金


加盟店になるまでには、どれくらいの期間がかかりますか?

申し込みから2か月程度でご利用いただけます。
ご希望の決済ブランド契約や決済端末の手配など、当社が窓口となります。

加盟店になるための審査に必要なものは何ですか?

加盟店申込書のご記入・ご提出が必要です。
業種や販売方法によっては、別途、各種必要書類提出のご依頼もございます。

サインレスにはどのように対応できますか?

店舗の状況によって対応内容を判断しています。一度ご状況をお聞かせください。

端末に接続できない通信回線はありますか?

当社では光回線が推奨回線です。
インターネット接続回線によっては、転送量等が通信制限されているものがあります。
通信制限に関しては、通信事業者やインターネットサービスプロバイダにお問い合わせ下
さい。

プリペイドカードの取り扱いはできますか?

プリペイドカードにVisaやMastercardのマークが付いていれば取り扱いができます。

デビットカードの取り扱いはできますか?

カードにVisaやMastercardのマークが付いていれば、クレジットカードと同様にお取り扱いいただけます。

但し、金融機関のキャッシュカードがそのままお買物に利用できる「J-Debit」の取り扱いはございません。

振込サイクルを教えてください

月2回です。詳細はPayossカタログガイドをご確認ください。

\Payossの概要資料は1分の項目入力ですぐに確認いただけます/

資料ダウンロード

Payossの詳しい資料は、PDFファイルにてすぐにダウンロードいただけます。