キャッシュレス決済導入で失敗しない選び方! 導入企業・店舗がチェックしている5つのポイント

キャッシュレス決済サービスが増えている中で、どのサービスがいいのか、選びきれなくて、悩んでいませんか?

キャッシュレス決済のメリットは理解しつつも、実際に導入を検討すると、
どんな点を注目して選べばよいか。何から始めたらいいか。
わからないことばかりで、手をつけられずにいる方も多いはず。

決済端末導入台数が30,000台以上を超えるPayoss。
そんなPayossのお客様が、キャッシュレス導入をされる際に、どのような点をチェックされているのか、
そのポイントを5つにまとめました。

失敗のないキャッシュレス決済導入の、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス決済導入でチェックすべき5つのポイント

キャッシュレス決済導入のチェックポイントは以下の5点です。

キャッシュレス決済導入のチェックポイント

  1. 端末仕様(デザイン性、サイズ、マルチ決済対応、決済スピード)
  2. 決済料率
  3. 多様な利用シーンに対応
  4. 売上管理の一元管理
  5. 導入後のサポート体制

一緒にチェックしていきましょう。

【POINT 1】端末仕様をチェック

まず、決済端末をチェックしましょう。

デザイン性やサイズなど、レジまわりに置いたときの印象は、決済端末が大きく影響します。

端末がマルチ決済に対応しているかどうかも重要な点。
1台で幅広い決済手段に対応できれば、端末を複数台置くこともなく、レジまわりがすっきりと整います。

1台で済むといった点は、端末操作をするスタッフへの教育面でも、研修がしやすいといったメリットもあります。

さらに、端末の決済処理スピードも重要なチェックポイントです。
折角のキャッシュレス決済導入も、決済処理スピードが遅いようでは、
お客様はその店舗でのキャッシュレス決済が、かえってストレスに感じてしまいます。
また、決済処理スピードが遅いことが、レジ待ちの要因となり、他のお客様の印象も悪いものになってしまいます。
決済処理スピードは意外と盲点ですが、乗り換え検討される際によく聞かれる話ですので、こちらもチェックしてください

デザイン性、マルチ決済対応、決済処理スピードなどの端末スペックは、キャッシュレス導入の基本中の基本です。
品質の良い端末を選んで、お客様にストレス無い買い物体験を提供しましょう。

【POINT2】決済料率は抑えられているか

キャッシュレス決済導入にあたり、決済料率は必ずチェックしましょう。

決済料率とは、キャッシュレス決済金額に対して手数料を支払う際の掛け率のこと。

決済料率はブランドで一律のように思えますが、実は決済代行サービスを扱う企業ごとでも料率は細かく異なっています。

小さな料率の違いが、長い目で見ると、手数料金額に大きな違いを生み出します。
決済料率は必ずチェックしましょう。

【POINT3】多様な利用シーンに対応可能か

決済端末の利用場所は、状況によりさまざま。
端末の利用シーンをイメージできれば、端末選びに間違いはありません。

たとえば、POSレジ近くに設置する場合は、その端末がPOSレジとの連動が可能かどうかが、重要なチェック項目
POSレジとの連動がない場合、POS画面と端末にそれぞれ決済金額を入力する”2度打ち”対応となります。
2度打ちの場合、ミスも起こりやすく、トラブルの原因ともなります。
レジ連動型端末を選ぶことでこうしたミスやトラブルを軽減できます。

POSレジ連動を検討されていない方は、単体設置型端末が選べるかどうかが重要な点。持ち運びが出来る点が単体設置型端末のメリットですので、場所に限定されない決済も可能になります。

このような利点を踏まえ、POS連動型か単体設置型か、端末利用シーンにあわせて決済端末を選択するようにしましょう。

【POINT4】売上管理は一元管理か

売上管理をひとまとめで確認できるか。ここもチェックしておきましょう。

現金、クレジット、電子マネー、スマホコード決済など、キャッシュレス決済に対応したはいいものの、売上管理がバラバラ・・。

人手不足であれば、バックヤード業務に時間をかけられない事情もあるかと思いますが、折角のキャッシュレス決済導入が負担増にもつながりかねません。

売上管理が一元管理であれば、そうした負担が軽減できます。

それだけでなく、売上分析することで、更なる売上増大案などの施策にも展開もできます。

売上管理の利便性が、生産性向上と売上増大施策につながっていきます。

【POINT5】導入後のサポートが整っているのか

最後に、キャッシュレス決済サービス導入後のサポートは整っているのか、もチェックポイントです。

端末の思わぬ破損、通信の不具合など、キャッシュレス決済はお金がかかわってくる以上、万が一のトラブルにもしっかりと相談できるかどうかは確認しておきたいところ。

導入後のサポートセンターが手厚いかどうかはチェックしておきたい点です。

キャッシュレス導入の選び方 5つのポイント まとめ

キャッシュレス導入の選び方は

  1. 端末仕様(デザイン性、サイズ、マルチ決済対応、決済スピード)
  2. 決済料率
  3. 多様な利用シーンに対応
  4. 売上管理の一元管理
  5. 導入後のサポート体制

このチェック項目を確認すれば、間違いのないキャッシュレス導入が実現できます。

キャッシュレス決済サービス「Payoss(ペイオス)」は、端末へのこだわり、業界最安水準の決済料率、業務軽減につながるサポートなど、安心してキャッシュレス導入をご検討いただけるよう取り組んでまいりました。

今では導入台数30,000台以上、継続率も99.5%。と多くの加盟店様にご満足いただいております。

「Payoss(ペイオス)」のサービス内容については、ぜひこちらのページもご確認ください。