キャッシュレス導入に必要な費用やコストを徹底解説!

キャッシュレス決済の導入を検討されている方には、コストが明確でないためになかなか踏み出せないという悩みがあるかもしれません。

そこで、本記事ではキャッシュレス決済の導入に際してどのような費用が発生するかを解説します。

ちなみにキャッシュレス決済は、業務負荷の軽減や売上向上などさまざまなメリットを生み出します。

導入コストのみに焦点を当てるのではなく、その後の効果も含めたROI(投資利益率、費用対効果)の観点から検討することが重要です。

キャッシュレス導入に伴うコストの全体像

キャッシュレス決済の導入によって発生する費用は主に三つあります。初期費用、運転費用、都度費用です。

1.初期費用

POSレジや決済端末、券売機の購入や設置などにかかる費用です。価格は機器の種類や性能、耐久性などによって変動します。また、決済端末にも性能や用途によって価格の幅があります。近年ではキャンペーンと題して端末を無料で提供し、導入のハードルを下げる事業者も増えています。

2.運転費用

クレジットカードやスマホコード、電子マネーなど複数の決済手段を導入するに際して、近年では店舗経営者と決済事業者の間に立つ決済代行会社を利用し、各種の決済手段の一括導入手続きや管理業務などを代行してもらうことが一般化しています。

その決済代行会社へ支払う決済システム利用料や顧客データの管理費用など毎月発生する固定費が運転費用に該当します。

3.都度費用

キャッシュレス決済はユーザー(利用客)が利用するごとに決済手数料が発生します。

加盟店ごとの決済料率に基づき、決済金額の数%を手数料として、その金額を店舗側が負担することになります。

以上のように、キャッシュレス決済は導入後もランニングコストが発生することから、初期費用は極力低く抑えたくなるものです。

ただし、安価な機器は耐久性が低く、長期的にはコスト削減につながらないことも珍しくありません。価格だけで決めず、より総合的に判断することが必要です。

煩雑な手続きも。キャッシュレス導入にかかる人的コスト

キャッシュレス導入には金銭的な費用とは別に人的コストもかかります。その理由を以下の導入手順をもとに説明します。

キャッシュレス環境を整える際、ユーザーの利便性を高めるために複数の決済手段や決済ブランドを使えるようにするのが一般的です。

そのためには、さまざまな事業者を比較検討した上で、相見積りを取ったり、各業者と個別に契約交渉を進めたりしなければなりません。

また、決済事業者ごとに決済日や入金日が異なるため、複数の事業者と直接契約する場合、入金管理などの事務処理が複雑化することも予想されます。

決済代行会社を利用すればこれらの手間は大きく軽減できますが、店舗経営者が自らキャッシュレス決済を導入、運用する場合は、一連の手続きに人的コストが生じることは想定しておくべきでしょう。

現金圧縮や業務負荷軽減。キャッシュレス導入によるコスト削減効果

キャッシュレス決済は導入コストがかかる一方、それを上回るメリットが得られる可能性を秘めています。

下図の通り、現金絡みのレジ業務は多岐にわたります。キャッシュレスはこれらの負担を大きく減らします。

例えば店舗を完全キャッシュレスにすることで、以下のようなメリットが得られます。

・両替の作業時間の軽減

→毎日1、2時間要していた両替時間がゼロになる

・違算金確認の業務時間削減

→違算金発生時に従来30〜60分程度かけていた対応が不要になる

・窃盗リスクの削減

→防犯上危険である現金持ち歩きをなくすことができる

・レジ対応業務の軽減

→キャッシュレス決済のレジ対応はオペレーションがパターン化されているため、レジ業務の手間が以前より削減される

今や業界を問わず人手不足が常態化しており、日々の仕事を回すだけで精一杯という現場も少なくありません。

そんな中で、売上を高めるための戦略を練り、新たな施策を打つための時間が捻出できることも、キャッシュレス導入で業務効率化を図ることの意義と言えるでしょう。

キャッシュレス投資の必要性は売上アップへの貢献度からも判断

費用対効果を考える上では、キャッシュレス導入が売上アップにどれほど貢献するか、という観点も重要です。

以下のグラフをご覧ください。こちらは経産省が実施したキャッシュレス決済に関するアンケートの一部で、キャッシュレス導入によって売上増加を実現したという店舗経営者らが、増加の度合いを回答したものです。

こちらは経産省が実施したキャッシュレス決済に関するアンケートの一部で、キャッシュレス導入によって売上増加を実現したという店舗経営者らが、増加の度合いを回答したものです。

キャッシュレス決済の手数料は2、3%が相場ですから、3%以上の売上増加を維持できれば投資した分の回収が期待できますが、この調査ではキャッシュレス決済の導入により「店舗の売上が増えた」という回答者の7割超が4%以上売上を増加させています。

キャッシュレスサービスを通じて売上を高めるための施策は、キャンペーンの活用など、さまざまなアプローチがあります。詳しくはこちらのコラムをご覧ください。

導入台数56,000台以上。選ばれるキャッシュレス決済サービス「Payoss」

売上向上や業務効率化といったメリットを増幅させるなら、キャッシュレス決済と連動したサービスを併用することが重要です。一例を挙げると、セルフレジの導入です。

経産省の調査では、15の店舗にキャッシュレス機能を備えたセルフレジの導入効果をヒアリングしたところ、両替時間67%減、両替手数料60%減、客単価1、2%増といった大きな効果が得られたことが紹介されています。

キャッシュレス対応のセルフレジを取り入れるなら、寺岡精工のキャッシュレス決済サービス「Payoss」がオススメです。

POSレジメーカーとしての強みを活かしてセルフレジとキャッシュレス端末の連動を実現。

人材不足が経営リスクの拡大に直結する今、POSレジメーカーの決済代行サービスとして、金銭的コスト・人的コストの削減に寄与するPayossは、キャッシュレス導入を検討する店舗経営の強力な支えになるはずです。

Payossは継続率98.0% 契約台数46,000台以上と、多くのお客様に選ばれております。

Payossの詳細はぜひブランドカタログをご覧ください。

Payossカタログガイド

これからキャッシュレス導入を検討される方向けの、失敗しないための5つのチェックポイントをまとめたガイドも制作しております。

キャッシュレス決済導入ガイド

こちらもぜひ参考にご覧ください。


資料ダウンロード

Payossの詳しい資料は、PDFファイルにてすぐにダウンロードいただけます。

以下の項目に必要事項をご記入後、「資料をダウンロードする」ボタンをクリックしてください。
の項目は必ずご記入ください。

個人情報の取り扱いについて

寺岡精工グループは、以下の指針(以下、本指針といいます)に基づき、個人情報を取り扱います。

1. 法令の遵守
寺岡精工グループは、事業活動にともなって取得、管理、利用する個人情報について、個人情報の保護に関する法令および本指針を遵守し、適切に取り扱います。
なお、寺岡精工グループ内で取り扱われる個人情報については、次の者が管理を行います。
東京都大田区久が原五丁目13番12号
株式会社寺岡精工
代表取締役社長 山本宏輔
ただし、寺岡精工グループ各社においてのみ取り扱われる個人情報については、寺岡精工グループ各社にて管理を行います。

2. 利用目的
寺岡精工グループは、関係法令に従い次に掲げる目的のために個人情報を取り扱います。
①寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等に関するお問い合わせへの対応
②寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等、または催し物のご案内
③寺岡精工グループが取り扱う製品およびサービス等に関する商談および打合せ

3. 共同利用
寺岡精工グループは、前項に掲げる目的の達成に必要な範囲(例えば、お客様からのお問合せに対する回答を寺岡精工グループ内の他の会社より直接回答させていただくのが適切と判断した場合、寺岡精工グループの製品または商品のアフターサービス等の提供に必要な場合など)において、会社名、役職、氏名または連絡先等の個人情報を寺岡精工グループ間および業務委託先に提供、開示する場合があります。この場合、寺岡精工グループは、関係法令に従い個人情報保護のための適切な契約を締結するとともに、必要かつ適切な監督を行います。なお、個人情報が提供、開示されることなる寺岡精工グループ各社については、本サイトの「TERAOKAグループ」ページに記載しております。

4. 海外への移転
寺岡精工グループは、取得した個人情報を、寺岡精工グループの会社がある国を基本とし、ご本人がお住いの国と同等の水準の個人情報の保護に関する法令を有しない外国にある第三者に移転することがあります。この場合、寺岡精工グループは、適用される関係法令に従い、ご本人の個人情報保護のために必要かつ適切な措置を講じます。

5. 第三者への開示
寺岡精工グループは、法令による開示要求があった場合その他個人情報の保護に関する法律が定める例外に該当する場合を除き、ご本人の事前の承諾を得ずに、寺岡精工グループおよび業務委託先以外の第三者に個人情報を開示、提供することはありません。

6. 正確性の確保
寺岡精工グループは、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つよう努めます。また、個人情報を利用する必要がなくなったときは、寺岡グループの規則に基づき適切に廃棄します。

7. 安全管理
寺岡精工グループは、個人情報に対する不正アクセスや漏洩を防止するため、関係法令を遵守するとともに、内部規程の整備、不正アクセス等から個人情報を保護するシステム・設備の導入等、必要かつ適切な安全対策を講じます。また、必要に応じて本指針の見直しを行います。なお、寺岡精工グループは、個人情報取り扱いの目的に必要な期間に限り、個人情報を保有します。

8. 教育
寺岡精工グループは、個人情報の取り扱いおよび保護に関する教育を定期的に実施します。

9. ご本人の権利
寺岡精工グループが保有する個人情報について、ご本人は、寺岡精工グループに対し、開示、訂正、追加、削除、利用停止、第三者提供の停止もしくは第三者提供記録の開示の請求、または取り扱いへの苦情もしくは寺岡精工グループによる取り扱いへの同意の撤回の申し入れをすることができ、これらの請求、申し入れに対して寺岡精工グループは法令の規定に基づき適切に対応いたします。寺岡精工グループは、寺岡精工グループへの上記の請求、申し入れについて、「お問い合わせフォーム」または第10項の「お客様窓口」にて承ります。なお、上記の請求、申し入れに当たっては、ご本人であることを確認できる書面が必要となります。

10. お問合せ
本指針および寺岡精工グループの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、「お問い合わせ」フォームまたは次の窓口までお願いいたします。

  株式会社寺岡精工 ペイメントポータル事業部
  〒146-8580 東京都大田区久が原5-13-12
  03-3752-0418(土日祝祭日を除く9:30~17:00)