PayossはPOSレジ連動でメリット多数

PayossはPOSレジメーカー寺岡精工のキャッシュレス決済サービス。
決済端末とPOSレジのセット導入がスムーズに可能です。POSレジ連動のメリットで、ビジネスの多くの課題を解決します。

リスク対策から顧客情報取得まで


Payossは、クレジットカードの情報を加盟店のシステムに残さない「非保持方式」でありながら、店舗独自のポイントカードにも対応。
売上情報・顧客情報の取得が可能になります。
 
Payossの決済端末1台で、改正割賦販売法に伴うクレジットカードのセキュリティ基準をクリアし、さらに経営に必要不可欠なポイントカードでのデータ取得までも実現します。

衛生的な決済


決済端末を導入することにより、クレジットカードや電子マネーといった現金以外の決済手段を選択することができ、衛生的な決済が可能です。
さらに、お客様が会計処理をするセミセルフレジやフルセルフレジに、決済端末が連動することで、お客様と店員のタッチレス化をさらに推進できます。

違算防止

POSレジと連動されていない場合、レジと端末のそれぞれに会計金額を2度打ちするといった違算発生の原因になります。

POSレジ側の操作で決済端末まで連動することで、そうした違算の原因を未然に防ぐことができます。

Payossの特長をチェック

資料ダウンロード

Payossの詳しい資料は、PDFファイルにてすぐにダウンロードいただけます。