寺岡精工は2020年で創立85年を迎えた、システム総合ソリューションメーカーです。

寺岡精工は、日本初の「商業用バネばかり」や世界初の「デジタル料金はかり」「感熱印字方式のバーコードプリンター」「自動計量包装値付け機」などの様々なソリューションを世の中に送り出してきました。

国内で最初に販売した「セミセルフレジ」では、商品スキャニングはレジスタッフ、精算は買い物客という画期的なチェックアウトシステムを提案。

買い物客のレジ待ち時間が半分になることや、店舗の人手不足を解消できることなどが評価され、今では日本全国で使用されることとなった「セミセルフレジ」のパイオニアでもあります。

流通小売業をはじめ多くの業界でご支持をいただく寺岡精工では、日本全国に140ヶ所以上の販売・サービス網を持ち、万全の体制でお客様のビジネスに貢献できるよう尽力しております。

また、グローバル展開にも力を注いでおり、今では150を超える国々でTERAOKA製品をお使いいただいています。

寺岡精工は、POSレジメーカーとしては初となるキャッシュレス決済サービス「Payoss(ペイオス)」を2016年に開始しました。

Payossは寺岡精工のPOSレジ製品・サービスと連携することで、クレジット情報非保持と店舗カード顧客情報取得の両立、衛生的決済、違算発生防止といった、独自のキャッシュレス決済ソリューションを提供し、「新しい常識」を創造しております。

サービス開始から3年間で導入台数30,000台以上、継続率は99.5%と、成長を続けております。